ここから本文です

<斉木楠雄のΨ難>鳥束零太役の花江夏樹がOPも担当

まんたんウェブ 6月6日(月)10時0分配信

 声優の花江夏樹さんが、7月にスタートするテレビアニメ「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」のオープニングテーマを担当することが6日、分かった。花江さんは子供向けバラエティー番組「おはスタ」(テレビ東京)にも出演中の人気声優で、アニメではバンドのボーカルを務める鳥束零太(とりつか・れいた)を演じる。

【写真特集】声優・花江夏樹 “売れっ子”の素顔は…

 花江さんは「今回、鳥束零太役で作品に出演させていただくだけでもとてもうれしく、光栄なことですが、さらに主題歌まで歌わせていただけるということで、より『斉木楠雄のΨ難』という作品に深く入り込めると思います。読んでいて笑顔になれる楽しい作品でありながら、シリアスな要素もあったりするので、どちらも表現できるような曲になるようにがんばります!」とコメントを寄せている。

 「斉木楠雄のΨ難」は2012年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の麻生周一さんのギャグマンガ。超能力者の斉木楠雄が、目立たないように心掛けるものの、さまざまな災難に巻き込まれる姿が描かれており、実写映画化も発表されている。

 アニメは「魁!!クロマティ高校」「ジュエルペット ハッピネス」などの桜井弘明さんが監督を務める。主人公・斉木楠雄の声優を神谷浩史さんが務めるほか、小野大輔さんが燃堂力、島崎信長さんが海藤瞬を演じる。7月から「おはスタ」内のほか、深夜にもテレビ東京ほかで放送される異例の“W(ダブル)放送”となる。

最終更新:6月6日(月)10時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。