ここから本文です

スガ シカオがボーカルを務めるバンド“kokua”のホールツアーがスタート

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月5日(日)21時48分配信

デビュー満20周年の集大成となるスペシャルイベント『SUGA SHIKAO 20th Anniversaryスガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』を、来年2017年5月6日にさいたまスーパーアリーナで開催することを発表して話題のスガ シカオ。そんなスガがボーカルを務めるバンド“kokua”の10年越しの1stアルバム『Progress』が6月1日にリリースされた。

そして、その1stアルバムのリリースに紐づいたホールツアー『kokua Tour 2016 Progress』が、昨日4日、福岡国際会議場よりスタートした。

kokuaがライブを行うのは、2010年に京都で行われた『平安神宮 月夜の宴』、 2013年渋谷公会堂での『MUSIC MASTAR LIVE with kokua』という2つのイベント以来。バンド単独でのライブ、ならびにツアーを開催するのは今回が初となる。

ライブは、武部聡志プロデュース作の壮大なインストゥルメンタル楽曲「BEATOPIA」でスタート。そして「Progress」のイントロでスガ シカオが現れると、会場に詰めかけた1,000人のファンから割れんばかりの歓声が沸き起こった。

この日のライブは、バンド結成から10年の時を経て完成した1stアルバム『Progress』のツアーということで、スガはMCで「キャリア、芸歴がとても長いメンバーですが、デビューアルバムをリリースしたばかりの新人バンドです。どうぞよろしくお願いします!」と挨拶。そして、ニューアルバム収録曲「黒い靴」「私たちの望むものは」「夢のゴール」など余すことなく新曲を披露し、さらには「オバケエントツ」「愛について」といったスガ シカオの新旧ナンバーまで、盛りだくさんで構成されたボリューム満点の内容でライブが展開された。

NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」から主題歌作成のオファーをはじめに受けたときのことを、スガから聞かれた武部が「大人が楽しめるバンドを目指した」と語るひと幕も。アンコールでは「砂時計」で会場が感動の渦に巻き込まれることとなった。

ツアーはこのあと、6月14日、愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール、6月17日、大阪・NHKホール、6/24、東京・NHKホールまで続く。各地のファンは、ニューアルバムを引っ提げたkokuaのホールツアーを、心待ちにしよう。

※「kokua」の「o」は、マクロン(長音記号)付きが正式表記

PHOTO BY TSUNEO KOGA

リリース情報
2016.06.01 ON SALE
ALBUM『Progress』

ライブ情報
kokua Tour 2016 「Progress」
06/04(土) 福岡・福岡国際会議場メインホール
06/14(火) 愛知・名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
06/17(金) 大阪・NHK大阪ホール
06/24(金) 東京・NHKホール

kokua OFFICIAL WEBSITE
http://www.jvcmusic.co.jp/kokua/

スガ シカオOFFICIAL WEBSITE
http://www.sugashikao.jp/official.php

最終更新:6月5日(日)21時48分

M-ON!Press(エムオンプレス)