ここから本文です

有機栽培の酒米田植え 若松の末廣酒造

福島民報 6月5日(日)12時48分配信

 福島県会津若松市の末廣酒造は4日、市内河東町の水田で有機栽培で育てる酒米の苗を植え、より良い酒造りへの思いを強くした。 
 原料の酒米づくりを通してより安全、安心な酒造りを目指す。 
 爽やかな好天の下、新城猪之吉社長をはじめ社員や関係者ら合わせて約50人が水田約20アールに酒米「亀の尾」の苗を丁寧に植えた。農薬を使わず、水田にアイガモを放って除草する。10月上旬に収穫し、純米酒「大自然」の仕込みに用いる。 

福島民報社

最終更新:6月5日(日)12時48分

福島民報