ここから本文です

レッドブル・エアレース  悪天候で予選中止5日本選 

福島民報 6月5日(日)12時50分配信

 飛行機の最高峰レース「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2016第3戦」は4日、千葉市の幕張海浜公園で予選が行われる予定だったが、強風と高波のため中止となった。5日の本選に臨む福島市在住のパイロット室屋義秀選手(43)は「良い感じで飛べている。ファンから力をもらえれば結果が出せるはず」と声援に期待した。 
 世界のトップパイロット14選手が出場している。通常は予選の順位で本選の組み合わせを決めるが、予選中止のため今季通算順位に応じて本選を行う。11位の室屋選手は本選1回戦「ラウンドオブ14」で4位のカナダ人選手と対戦する。 
 室屋選手は第1、2戦でいずれも規定の重力加速度(G)を超過したため失格し、第1戦は7位、第2戦は14位と悔しい結果に終わった。巻き返しに向け、今大会から機体の空気抵抗を減らす軽量型の車輪カバーを導入。千葉会場はかつて何度も飛行した地の利がある場所で、調子、機体ともに満を持してレースに挑む。福島県を全世界にアピールしたいと、上着の右上腕部に「Wings for FUKUSHIMA」の文字を縫い付けている。「100%の力を出し、声援に応えたい」。今季唯一の国内戦での活躍を誓った。 

福島民報社

最終更新:6月5日(日)14時6分

福島民報