ここから本文です

コーヒー味わい豊かな時間を 12日、猪苗代で初のイベント

福島民報 6月5日(日)12時51分配信

 福島県内のコーヒー店などでつくる実行委員会は12日午前10時から、猪苗代町のはじまりの美術館で「AIZU COFFEE TIME!2016」を初めて開く。 
 コーヒーを通じ、交流の輪を広げようと企画した。県内ゆかりのコーヒー店11店とパンなどを販売する3店が並ぶ。5店で飲み比べできるチケットを1000円で販売する。 
 コーヒーに関わる人々を描いた映画「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」の上映会は午前10時と午後2時の2回開く。各回定員は40人。料金は一般1500円、小中学生・高校生は500円。美術館の観覧料を含む。 
 午後零時半からはカッピングワークショップとして、コーヒーの味や香りの違いを知る体験会を開く。定員10人で参加料は500円。 
 実行委員で北塩原村のコーヒー店「MOTO coffee」店主の長内基樹さん(37)、美術館の小林竜也さん(32)、大政愛さん(24)は「コーヒーの香り漂う、豊かな時間を過ごしてみては」と来場を呼び掛けている。映画の前売り券購入や問い合わせは美術館へ。 

福島民報社

最終更新:6月5日(日)14時5分

福島民報