ここから本文です

UKチャート、キャットフィッシュ&ザ・ボトルメンが初登場1位

BARKS 6月6日(月)11時18分配信

今週の全英アルバム・チャートは、英国ウェールズ出身のロック・バンド、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンの2ndアルバム『The Ride』が初登場で1位を獲得した。2014年にリリースされたデビュー・アルバム『The Balcony』の最高位は10位で、これが彼らにとって初の全英1位となった。

◆キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン画像

2位はドレイクの『Views』がキープ。ビヨンセの『Lemonade』が4位から3位へ再浮上し、先週1位に初登場したアリアナ・グランデの『Dangerous Woman』は8位に後退した。

今週のトップ10には、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンのほか、ニューウェーヴ・バンドABCの新作『The Lexicon Of Love II』(5位)、フィフス・ハーモニーの『7/27』(6位)が新たにチャート・インしている。ABCのスタジオ・アルバムが全英でトップ10に入るのは、1987年の『Alphabet City』以来29年ぶりだった。

シングル・チャートは、ドレイクの「One Dance」が依然、首位を独走中。これで8週連続トップに輝いた。

2,3位も先週と変わらず、ジャスティン・ティンバーレイクの「Can’t Stop The Feeling」(2位)と、リアーナをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの「This Is What You Came For」(3位)がキープした。

今週は、オーディション番組『The X Factor 2015』の優勝者ルイザ・ジョンソンをフィーチャーしたクリーン・バンディットの新曲「Tears」(6位)、アメリカ人のシンガー・ソングライター/DJ、Gnashの「I Hate U I Love U」(8位)、フランスのDJ、Kungs とオーストラリアのファンク・トリオCookin’ On 3 Burnersのコラボ「This Girl」(10位)の3曲が新たにトップ10入りしている。

Ako Suzuki

最終更新:6月6日(月)11時18分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。