ここから本文です

大宮・渋谷監督「勝利追求」 先発候補にアピール期待、5日鹿島戦

埼玉新聞 6月5日(日)2時57分配信

 ヤマザキナビスコ・カップA組2位の大宮はグループステージ最終節の5日、前回王者で6位鹿島と対戦する(14時・NAC)。11年ぶり決勝トーナメント進出は決まっており、首位神戸とは勝ち点2差と1位突破の可能性もある。渋谷監督は「勝利を追求する。いい結果、いい内容を求めたい」とこだわった。

 チームは4日、高木サッカー場で最終調整した。セットプレーを確認して鹿島戦へ準備し、主力組はペチュニク、江坂、マテウス、泉沢、大山、岩上、渡部、山越、福田、大屋、GK松井だった。福田、渡部、清水、菊地と故障明けの選手が帯同の見込みで、渋谷監督は「どれくらいできるか。公式戦で見せるとき」とアピールを期待した。

 直近のリーグ2戦でメンバー外だった泉沢は先発候補の一人。泉沢は鹿島を「個々の能力が高い」と警戒点を挙げる。好プレーで定位置確保へ、つなげる意気込みで「判断力をつけていければ」と臨機応変さを意識した。

最終更新:6月5日(日)2時57分

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]