ここから本文です

世界4位ムグルサ 全仏・四大大会初V、セリーナ2連覇阻止<女子テニス>

tennis365.net 6月5日(日)0時3分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会14日目の4日、女子シングルス決勝戦が行われ、第4シードのG・ムグルサ(スペイン)が昨年覇者で第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)を7-5, 6-4のストレートで下して2連覇を阻止し、全仏・四大大会初優勝を飾った。

大坂なおみ セリーナ抜き1位

決勝戦、第1セットでムグルサは第11・第12ゲームを連取し、セットカウント1-0とリードする。第2セットに入ってもムグルサの勢いは止まらず、第9ゲームでマッチポイントを握る。このチャンスを活かすことは出来なかったが、第10ゲームのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップをキープし、優勝を手にした。

両者は今回が5度目の対戦で、ムグルサは対セリーナ戦を2勝3敗とした。直近では昨年のウィンブルドン決勝で、その時はセリーナに敗れグランドスラム初優勝を逃していた。

世界ランク4位のムグルサは、これまでの全仏オープンで2014・2015年のベスト8進出が最高だった。2014年には2回戦でセリーナを破る金星をあげた。

一方、敗れたセリーナは2連覇を逃し、グランドスラム2大会連続の準優勝となった。今年の全豪オープンでは決勝でA・ケルバー(ドイツ)に敗れた。

昨年は全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドンで優勝し、全米オープンを制するとS・グラフ(ドイツ)以来27年ぶり史上4人目の年間グランドスラム達成だったが準決勝でR・ビンチ(イタリア)に敗れて、その快挙は絶たれていた。

tennis365.net

最終更新:6月5日(日)0時3分

tennis365.net