ここから本文です

運転士がキー抜き忘れ JR千葉駅、快速に遅れ

千葉日報オンライン 6月5日(日)8時37分配信

 JR千葉支社は4日、30代の男性運転士がマスコンキー(運転台に差し込む鍵)を抜き忘れたため、3日午後8時42分の千葉発久里浜行き上り快速電車(15両編成、乗員乗客約60人)の発車が8分遅れたと発表した。

 同支社によると、男性運転士は下り快速電車を運転し同33分、千葉駅に到着。折り返しの上り快速電車を運転するため反対側の運転台に移動した際、元いた運転台にマスコンキーを差したままにした。男性運転士が気付いてキーを抜き取った。

最終更新:6月5日(日)8時37分

千葉日報オンライン