ここから本文です

香港ディズニーランドで倒木事故、中国人女性客2人負傷=大雨と強風原因か

マカオ新聞 6月5日(日)20時41分配信

 香港・ランタオ島にある香港ディズニーランド・リゾートのパーク内で6月4日午後3時頃、高さ約8メートルの木が突然倒れ、中国本土出身の女性客2人が負傷する事故が発生したという。

 香港メディアの報道を総合すると、事故が発生したのはパーク内のメインストリートUSAエリアにある飲食店横の通路付近で、偶然通りががった女性2人に向かって急に木が倒れ、避けきれなかった2人の頭部に倒木が接触したという。その後、2人は木の下敷きになったが、同行者によって救出され、香港の2つの病院に搬送された。このうち1人がすでに退院、残る1人は引き続き入院しているが、状況は安定しているとのこと。

 香港ディズニーランド・リゾート運営会社では、現場周辺を封鎖して事故原因の調査などを進めているという。

 なお、事故直前の香港ディズニーランド・リゾート付近の天候は大雨。香港気象台の観測データによれば、現場に近い坪洲の観測所における午後2時から3時までの最大風速は時速45キロを記録していた。

最終更新:6月5日(日)20時41分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。