ここから本文です

上地結衣とワイリーが複で2年ぶりの優勝 [全仏テニス・車いすの部]

THE TENNIS DAILY 6月5日(日)0時25分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の車いすの部の女子ダブルス決勝で、第2シードの上地結衣(エイベックス)/ジョーダン・ワイリー(イギリス)が第1シードのイスケ・グリフィオン/アニエク・ファンクォト(ともにオランダ)を6-3 4-6 [10-6]で下して2年ぶりの優勝を果たした。

国枝慎吾とリードのダブルスが大会2連覇 [全仏オープン・車いすの部]

 両ペアは昨年の決勝でも対戦し、グリフィオン/ファンクォトが7-6(1) 3-6 [10-8]で勝っていた。

 上地は今大会の女子シングルスに第2シードで出場していたが、準決勝でマジョレーン・バイス(オランダ)に6-7(5) 7-6(3) 1-6で敗れている。

 上地はグランドスラムのダブルスで通算8勝目。ワイリーとのコンビでは昨年のウィンブルドンに続いて7度目のタイトル獲得となった。

 車いすテニスは男女シングルス8ドロー、ダブルス4ドローで争われる。

 昨年の大会は、男子シングルスで国枝慎吾(ユニクロ)が2年連続6度目の優勝、女子シングルスはグリフィオンが初タイトルを獲得。ダブルスでは国枝がゴードン・リード(イギリス)と、グリフィオンはファンクォトとのペアで優勝を飾った。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 04: Champions Yui Kamiji of Japan and Jordanne Whiley of Great Britain pose with the trophies won during the Ladies Wheelchair Singles final match against Jiske Griffioen and Aniek Van Koot of Netherlands on day fourteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 4, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6月5日(日)2時45分

THE TENNIS DAILY