ここから本文です

福知山市長選挙きょう告示 2氏が立候補

両丹日日新聞 6月5日(日)9時24分配信

 任期満了に伴う福知山市長選挙が5日告示された。立候補の届け出が午前8時30分からハピネスふくちやま(旧市民会館)3階で行われ、届け出順に、前京都府議会議員の大橋一夫氏(62)=北羽合=と、現職の松山正治氏(78)=川北=が立候補した。

 市役所横のハピネスには、両陣営から3人ずつが受け付けを訪れ、「くじを引く順番をきめるくじ」を引いた後、「届け出順を決めるくじ」を引いてから書類提出、審査などの手順を踏んだ。

 選挙運動用自動車表示板、拡声機表示板、街頭演説用標旗と腕章など、いわゆる「選挙の七つ道具」の交付を受けると、選挙運動開始。それぞれの支持者が詰めかける事務所へ急ぎもどり、準備が整い次第、事務所関係者や候補者が「第一声」を上げた。

 投票日は12日。即日開票される。

 6月2日現在の選挙人名簿登録者数は6万4285人。

両丹日日新聞社

最終更新:6月5日(日)9時26分

両丹日日新聞