ここから本文です

国枝慎吾とリードのダブルスが大会2連覇 [全仏テニス・車いすの部]

THE TENNIS DAILY 6月5日(日)2時14分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の車いすの部の男子ダブルス決勝で、第2シードの国枝慎吾(ユニクロ)/ゴードン・リード(イギリス)がミシェル・ジェレマス(フランス)/ステファン・オルソン(スウェーデン)を6-3 6-2で下して大会連覇を達成した。

上地結衣とワイリーがダブルスで2年ぶりの優勝 [全仏オープン・車いすの部]

 シングルスでは国枝が前日の準決勝でグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)に3-6 2-6で敗退。リードはこの日行われた決勝で、フェルナンデスに6-7(4) 1-6で敗れて準優勝に終わっていた。

 車いすテニスは男女シングルス8ドロー、ダブルス4ドローで争われる。

 昨年の大会は、男子シングルスで国枝が2年連続6度目の優勝、女子シングルスはイスケ・グリフィオン(オランダ)が初タイトルを獲得。ダブルスでは国枝がリードと、グリフィオンはアニエク・ファンクォト(オランダ)とのペアで優勝を飾った。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 04: Champions Gordon Reid of Great Britain and Shingo Kunieda of Japan pose with the trophies won in the Men's Wheelchair doubles final match against Michael Jeremiasz of France and Stefan Olsson of Sweden on day fourteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 4, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6月5日(日)2時26分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。