ここから本文です

県内最大規模の総合美術展 「県展」きょうから/富山

チューリップテレビ 6月5日(日)0時6分配信

 県内最大規模の総合美術展、「富山県美術展」通称・「県展」が4日から始まり、会場となる県民会館は大勢の美術ファンでにぎわっています。

 開催初日の4日は、開会式がおこなわれ、テープカットで開会を祝いました。
 県展は県内美術作家の登竜門とも呼ばれプロ・アマ問わず高校生以上が出品できる美術展です。今年は、日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真の6部門であわせて796点の入賞・入選作品が展示されています。
 
 素材も多様で意欲的な作品が多かったという彫刻部門では高岡市の山田千晶(やまだ・ちあき)さん(20)の作品が初入選で大賞に選ばれました。若者の内なる思いを感じさせる「静謐(せいひつ)な表現」が評価されています。

 県展は今月10日まで県民会館で開かれ、15日から南砺市のヘリオスで巡回展がはじまります

チューリップテレビ

最終更新:6月5日(日)0時6分

チューリップテレビ