ここから本文です

スペインのロペス/ロペスがグランドスラム初優勝 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月5日(日)8時0分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子決勝で、第15シードのフェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(ともにスペイン)が第5シードのマイク・ブライアン/ボブ・ブライアン(ともにアメリカ)を6-4 6-7(6) 6-3で破り、ともにグランドスラム初優勝を果たした。試合時間は2時間23分。

ヒンギスとパエスがミックスダブルスで生涯グランドスラム達成 [全仏オープン]

 ロペス/ロペスは今シーズンのATPツアーで10大会に出場し、開幕戦のドーハ(ATP250/ハードコート)でタイトルを獲得。今大会では3回戦で第1シードのピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(ともにフランス)を7-6(7) 6-1で、準決勝では昨年の大会を制した第3シードのイバン・ドディグ(クロアチア)/マルセロ・メロ(ブラジル)を6-2 3-6 7-5で破るなどして勝ち上がっていた。

 フェリシアーノは単複を通して初のグランドスラム決勝で、初タイトルを獲得。第21シードで出場したシングルスでは、3回戦で第11シードのダビド・フェレール(スペイン)に4-6 6-7(6) 1-6で敗退していた。

 マルクはマルセル・グラノイェルス(スペイン)とのペアで、2014年大会で決勝進出を果たしているが、ジュリアン・ベネトー/エドゥアール・ロジェ バセラン(ともにフランス)に3-6 6-7(1)で敗れて準優勝に終わっていた。また、このペアは同年全米オープンでも決勝に進出したが、ブライアン兄弟に敗退。フェリシアーノとのペアで3度目の決勝を戦い、初の栄冠に輝いた。

 ブライアン兄弟は昨年の大会では決勝でドディグ/メロに7-6(5) 6-7(5) 5-7で敗れており、2年連続準優勝に終わった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 04: Marc Lopez and Feliciano Lopez of Spain celebrate with the trophy following their victory during the Men's Doubles final match against Mike Bryan and Bob Bryan of the United States on day fourteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 4, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:6月5日(日)14時7分

THE TENNIS DAILY