ここから本文です

国枝慎吾 全仏複2連覇、単優勝者へ祝福の拍手<男子テニス>

tennis365.net 6月5日(日)3時12分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会14日目の4日、車いすテニスの男子ダブルス決勝戦が行われ、シングルスで3連覇を逃した国枝慎吾(日本)はG・リード(英国)とのペアでM・ジャミレス(フランス)/ S・オルソン(スウェーデン)組を6-3, 6-2のストレートで下し、2連覇を飾った。

王者ジョコ 国枝は「ヒーロー」

前日のシングルス準決勝で国枝はG・フェルナンデス(アルゼンチン)に完敗した。この日行われた表彰式では、優勝プレートを手にするフェルナンデスへ祝福の拍手を送った。

昨年の全仏オープンで国枝はシングルス2連覇と6度目の優勝、さらにダブルスでも6度目のタイトルを獲得し、単複2冠を達成していた。

今年の全豪オープンは第1シードで出場するも、初戦で姿を消す波乱に見舞われた元王者の国枝は現在のシングルス世界ランキングを5位まで落としている。

また、同日の車いすテニスの女子ダブルス決勝戦では第2シードの上地結衣(日本)/ J・ワイリー(英国)組が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:6月5日(日)3時12分

tennis365.net