ここから本文です

相川真侑花のダブルスは決勝進出ならず [全仏テニス・ジュニア]

THE TENNIS DAILY 6月5日(日)9時0分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の大会14日目は、ジュニアの部の男女単複の準決勝が行われた。

連載第6回 相川真侑花【世界へはばたけ、日本のジュニア】

 日本勢でただ一人勝ち残っていた相川真侑花(テニスユナイテッド)とエレナ・イン アルボン(スイス)のダブルスは、パウラ・アリアス マニョン(スペイン)/オルガ・ダニロビッチ(セルビア)に3-6 3-6で敗れ、決勝進出はならなかった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス準決勝】

○18ジョフレイ・ブランカノウ(フランス)6-7(4) 7-5 6-3 ●16デニス・シャポバロフ(カナダ)[5]

○56フェリックス・オーガー アリアシム(カナダ)[11] 6-4 6-2 ●36ニコラ・クーン(スペイン)

--------------------


【ジュニア女子シングルス準決勝】

○25レベッカ・マサロバ(スイス)[12] 7-6(5) 6-2 ●1オレーシャ・ペルブシナ(ロシア)[1]

○64アマンダ・アニシモバ(アメリカ)[2] 7-6(6) 6-2 ●48アナスタシア・ポタポワ(ロシア)[4]

--------------------

【ジュニア男子ダブルス準決勝】

○15イシャイ・オリエル/パトリック・リクル(イスラエル/チェコ)4-6 6-4 [10-4] ●6アレックス・デ ミノール/ブレイク・エリス(オーストラリア)

○29チュン・ユンソン/オルランド・ルズ(韓国/ブラジル)6-4 6-7(5) [11-9] ●24ミオミール・ケマノビッチ/キャスパー・ルード(セルビア/ノルウェー)[3]

--------------------

【ジュニア女子ダブルス準決勝】

○1オレーシャ・ペルブシナ/アナスタシア・ポタポワ(ロシア)[1] 6-3 6-1 ●11タティアナ・ピエリ/ルクレツィア・ステファニーニ(イタリア)

○30パウラ・アリアス マニョン/オルガ・ダニロビッチ(スペイン/セルビア)6-3 6-3 ●18相川真侑花/エレナ・イン アルボン(テニスユナイテッド/スイス)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月5日(日)9時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。