ここから本文です

日比野菜緒がベスト4、奈良は1回戦を途中棄権 [ボル/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月5日(日)10時0分配信

 クロアチア・ボルで開催されているWTA125Kシリーズの「ボル・オープン」(5月31日~6月5日/賞金総額12万5千ドル/クレーコート)に第4シードで出場していた日比野菜緒(フリー)は、準決勝で第7シードのポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)に0-6 2-6で敗れて決勝進出はならなかった。

日比野菜緒はハレプに敗れ、グランドスラム初勝利ならず [全仏オープン]

 そのほかの日本勢では奈良くるみ(安藤証券)が第6シードで出場していたが、左大腿部の故障でマリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)との1回戦を第1セット3-3の時点でリタイアしている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準決勝】
●9日比野菜緒(フリー)[4] 0-6 2-6 ○8ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)[7]

【シングルス準々決勝】
○9日比野菜緒(フリー)[4] 6-2 6-2 ●13シュテファニー・フェーゲレ(スイス)

【シングルス2回戦】
○9日比野菜緒(フリー)[4] 6-2 7-6(5) ●12イバナ・ヨロビッチ(セルビア)

【シングルス1回戦】
○9日比野菜緒(フリー)[4] 6-2 6-1 ●10Marine PARTAUD(フランス)[Q]

●25奈良くるみ(安藤証券)[6] 3-3 Ret. ○26マリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 23: Nao Hibino of Japan plays a forehand during the Women's Singles first round match against Simona Halep of Romania on day two of the 2016 French Open at Roland Garros on May 23, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:6月5日(日)10時0分

THE TENNIS DAILY