ここから本文です

日ハム大谷、巨人戦は「5番・投手」で先発 投手でクリーンアップは超異例

Full-Count 6月5日(日)12時42分配信

栗山監督は「一番勝ちやすい形。勝つことだけを考えた」

 日本ハムの大谷翔平投手が5日の巨人戦(東京ドーム)で「5番・投手」で先発する。

 大谷にとっては、今季4勝目をかけたマウンド。打撃では自己最長の14試合連続安打中だが、先発投手がクリーンアップに入ることは極めて異例。初回に投球前に打席に入ることを懸念していた栗山監督は試合前、「連敗していることを踏まえ、チームが一番勝ちやすい形を考えた。プラスマイナスあるが、どちらにしろ負担がかかる。今日勝つことだけを考えた」と説明した。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 大谷は5月29日の楽天戦(コボスタ宮城)でDH制を使わずに「6番・投手」で先発。パ・リーグ公式戦で自身初の“リアル二刀流”が実現して話題になる中、最速161キロの直球を武器に7回4安打1失点と好投して3勝目を挙げ、バットでは7回2死一、二塁で右中間適時二塁打を放つなど今季2度目の猛打賞をマークしていた。

 両チームのスタメンは以下の通り。

【日本ハム】
1(左)西川
2(遊)中島卓
3(二)田中賢介
4(一)中田
5(投)大谷
6(中)陽岱鋼
7(右)谷口
8(三)レアード
9(捕)大野

【巨人】
1(左)大田
2(中)松本
3(遊)坂本
4(右)長野
5(一)阿部
6(二)クルーズ
7(三)村田
8(捕)小林誠
9(投)高木

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月5日(日)13時33分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]