ここから本文です

ローマ残留かチェルシー移籍か…… リュディガー「僕はローマの選手」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月5日(日)16時35分配信

実現性は低い?

ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーはローマで満足しているようだ。

先日、シュツットガルトからローマへの完全移籍が発表されたリュディガー。しかし、チェルシーが同選手の獲得を狙っており、すでにローマのワルテル・サバティーニSDとチェルシーは移籍に向けて話し合っているという報道もある。しかし、リュディガーはそのような噂に振り回されることはないと独『sport1』で話した。

「僕はここで満足しているし、そのような噂には惑わされないよ。ローマで良いシーズンを送ったし、居心地は良いよ。それに今はローマの選手だ」

一部の報道によれば、ローマは同選手を放出する場合、3000万ユーロを求めているという。それに対し、チェルシーは2200万ユーロほどのオファーしか出しておらず、実現の可能性は低いといえそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月5日(日)16時35分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。