ここから本文です

ベルギー代表DFヴェルメーレン、肉離れで親善試合欠場 EURO初戦のイタリア戦も黄色信号か

theWORLD(ザ・ワールド) 6月5日(日)17時3分配信

主力DFの相次ぐ離脱

バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンがEURO初戦のイタリア戦を欠場するかもしれない。

伊『calciomercato』によると、ヴェルメーレンは練習中にふくらはぎに違和感を覚えたため、練習を途中で切り上げて病院へ直行。軽い肉離れと診断されたようだ。さらに同メディアは、ヴェルメーレンの回復には1週間以上はかかるとみられ、EURO初戦のイタリア戦までには治らないのではないかとも報じている。この診断結果を受けてベルギー代表の指揮官マルク・ヴィルモッツは、5日に行われるノルウェー代表との親善試合ではヴェルメーレンを欠場させると記者会見で発表している。

はたしてヴェルメーレンはEURO初戦に間に合うのだろうか。主将のヴァンサン・コンパニなど、主力のDF陣を欠くベルギーにとって、彼の欠場はさらなる痛手となるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月5日(日)17時3分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。