ここから本文です

内山靖崇は単複2冠ならず [軽井沢/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月5日(日)18時36分配信

「ポルシェ 軽井沢フューチャーズ」(長野県・軽井沢会テニスコート/本戦5月30日~6月5日/賞金総額2.5万ドル/クレーコート)は最終日を迎え、シングルス決勝が行われた。

内山靖崇がウィッティントンとのダブルスで今季初優勝 [F6軽井沢フューチャーズ]

 決勝はイ・ダクヒ(韓国)と内山靖崇(北日本物産)のトップ2シードの対戦となり、第1シードのイが第2シードの内山を7-6(5) 6-3で下して今シーズン2勝目を挙げた。試合時間は1時間40分。

 内山とイは昨年11月に横浜(ATPチャレンジャー/5万ドル/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、イが6-2 6-4で勝っていた。

 2014年3月にはITF世界ジュニアランク最高3位を記録している18歳のイは、昨年はフューチャーズ大会5勝などで世界ランク229位まで上昇。今シーズンは1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)でグランドスラムの予選に初挑戦、3月にはデビスカップのニュージーランド戦(韓国・ソウル)で代表デビューを果たし、4月には自己最高の206位を記録している。

 日本の大会には14歳だった2013年3月の筑波(ITF1万ドル/ハードコート)が初出場。昨年6月に柏(ITF1万ドル/ハードコート)で初優勝を飾り、今季は3月に甲府(ITF1万ドル/ハードコート)で2勝目を挙げており、3度目のタイトル獲得となった。

 内山はアンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)とのペアで第1シードで臨んだダブルスを制していたが、単複2冠はならなかった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○1イ・ダクヒ(韓国)[1] 7-6(5) 6-3 ●32内山靖崇(北日本物産)[2]

--------------------

表彰式での選手スピーチ・抜粋(情報提供◎大会運営委員)

イ・ダクヒ(シングルス優勝)
「たくさんの方の応援を大変うれしく思います。内山選手、どうもありがとうございます。関係者の皆さま、どうもありがとうございました」

内山靖崇(シングルス準優勝)
「たくさんの方に応援していただきましたが、力不足で優勝することが出来ませんでした。まだまだ足りないものがあるのだと改めて感じました。また、応援をよろしくお願いいたします」

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月5日(日)18時36分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]