ここから本文です

マレー、ジョコビッチ破れば81年ぶりイギリス人の全仏王者へ<男子テニス>

tennis365.net 6月5日(日)16時51分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会最終日の5日、男子シングルス決勝戦で、第2シードのA・マレー(英国)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し、大会初優勝とグランドスラム自身3度目、更に1935年のF・ペリー以来81年ぶりのイギリス人チャンピオンを狙う。

全仏オープン対戦表

ジョコビッチの鉄壁のディフェンスを打ち砕く必要があるマレー。力強いストロークとフットワークが武器のマレーだが、準決勝で前年度チャンピオンであるS・ワウリンカ(スイス)を6-4, 6-2, 4-6, 6-2で下した試合で見せた巧みな戦術が必要だろうと語るのは、グランドスラム7度の優勝を持つ元世界ランク1位のM・ビランデル(スウェーデン)。

ビランデルはそのマレーのプレーを「このローラン・ギャロスでこれまで見たこともない最高傑作と言える戦術」と誉め称えていた。

マレーは1回戦と2回戦ではフルセットの戦いを強いられたために、ここまでの勝ち上がりではコートに17時間50分立っていたことになり、これはジョコビッチの12時間54分よりはるかに長いものとなっている。

昨年の同大会準決勝でもジョコビッチと対戦したマレー。その時は3-6, 3-6, 7-5, 7-5, 1-6で敗れており、今年の決勝戦でのジョコビッチとの対戦も、接戦が予想されている。

マレーは今大会前哨戦だったローマでのマスターズ大会決勝でジョコビッチを6-3, 6-3で下し、ジョコビッチとの今回の対戦に自信を覗かせている。

しかしジョコビッチも、これまで全豪オープンの決勝戦では2011年・2013年・2015年・2016年といずれもマレーを下して優勝を飾っていた。

マレーはこれまで優勝を飾った2012年の全米オープンと2013年のウィンブルドンでは、いずれもジョコビッチを下して優勝しており、今回もタイトル獲得にはジョコビッチが立ちはだかっている。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月5日(日)16時51分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。