ここから本文です

プレイメーカーを求めるモウリーニョ、ローマからキックに優れるMFを狙う

theWORLD(ザ・ワールド) 6月5日(日)17時30分配信

競合となるが

マンチェスター・ユナイテッドがローマのMFミラレム・ピヤニッチ獲得を狙っているようだ。

かねてよりバイエルンなどビッグクラブが注目していると噂されるピヤニッチ。今夏移籍する可能性は高そうだが、この人気株にマンチェスター・ユナイテッドも飛びついたと英『Manchester Evening News』が報じている。

同紙によれば、新監督に就任したジョゼ・モウリーニョは同選手を中盤に加えたいと考えており、今回の話が持ち上がったようだ。モウリーニョが作り上げるチームの中盤にはフィジカルの強いファイタータイプの選手とテクニックに秀でたプレイメーカーが並ぶことが多く、ピヤニッチはその後者となる可能性があるだろう。

決して安くはない買い物になることが予想されるだけに実現はそうそう簡単ではないはずだ。しかし、モウリーニョたっての希望とあれば、クラブも動き出すかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月5日(日)17時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。