ここから本文です

ガルシアとムラデノビッチのフランスペアが地元優勝 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月5日(日)21時31分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の女子ダブルス決勝で、第5シードのカロリーヌ・ガルシア/クリスティーナ・ムラデノビッチ(ともにフランス)が第7シードのエカテリーナ・マカロワ/エレナ・ベスニナ(ともにロシア)を6-3 2-6 6-4で下して地元優勝を果たした。試合時間は2時間5分。

ヒンギスとパエスがミックスダブルスで生涯グランドスラム達成 [全仏オープン]

 全仏オープンの女子ダブルスでフランス人同士のペアが優勝したのは、1971年のフランソワーズ・デュールとゲイル・シャンフロー以来となる。

 ガルシアはグランドスラムで初タイトルを獲得。ムラデノビッチはダニエル・ネスター(カナダ)とのコンビで2013年のウィンブルドンと14年の全豪オープンを制しているが、女子ダブルスでは初優勝となった。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、第26シードのムラデノビッチは3回戦で第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に4-6 6-7(10)で敗退。ガルシアは2回戦で第2シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)に2-6 4-6で敗れていた。

 ともに1993年生まれのムラデノビッチとガルシアのコンビは今シーズンから本格的にツアーに参戦し、4月から5月にかけてはチャールストン(WTAプレミア)、シュツットガルト(WTAプレミア)、マドリッド(WTAプレミア・マンダトリー)のクレーコート3大会を連続制覇。シュツットガルトとマドリッドの決勝では、世界ナンバーワンのマルチナ・ヒンギス(スイス)/サーニャ・ミルザ(インド)を破っていた。フェドカップ準決勝のオランダ戦では最終試合でキキ・バーテンズとリシェル・ホーヘンカンプのペアを4-6 6-3 6-3で破り、フランスを11年ぶりの決勝へ導いている。

 マカロワとベスニナは2013年にこの種目でのグランドスラム初優勝を果たしていたが、2014年の全米オープンに続く3勝目はならなかった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 05: Kristina Mladenovic and Caroline Garcia of France celebrate victory during the Ladies Doubles final match against Elena Vesnina and Ekaterina Makarova of Russia on day fifteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 5, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6月6日(月)3時39分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。