ここから本文です

日ハム大谷、圧巻完投&1打点で4勝目 日本新163キロは「手応えなかった」

Full-Count 6月5日(日)16時54分配信

9回2失点10K&15試合連続安打、球速アップへ「もっと上げられるように頑張りたい」

 日本ハムの大谷翔平投手が5日、敵地での巨人戦に「5番・投手」で先発した。投げては日本新記録の163キロをマークして9回6安打2失点(自責1)10奪三振2四球の快投で完投し、打っても自己最長15試合連続安打を記録するなど3打数1安打1打点と活躍。投打で存在感を見せ、4勝目(4敗)を挙げた。日本ハムは6-2で勝利し、連敗を「2」でストップ。巨人の連勝は「6」で止まった。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 大谷は初回、先頭の大田に先制の先頭打者弾を食らうも、その後は快投で無失点を続ける。すると、3回には田中の2点タイムリーで逆転。さらに、大谷も自身を助ける中犠飛を放ち、リードを2点に広げた。

 4回は1死満塁とピンチを背負ったが、ここでクルーズを打席に迎えると、1ボール2ストライクからの4球目、ど真ん中へ投げ込んだ直球は163キロを計時。クルーンと自身が持っていた日本最速記録の162キロを1キロ更新した。「日本最速球」はファウルとなったものの、続く122キロのスライダーでクルーズは三ゴロ併殺打。大谷は何度もガッツポーズを作った。

 大谷は6回先頭で右前打を放ち、4月27日の楽天戦(札幌ドーム)からの自己最長の連続試合安打を「15」に伸ばした。日本ハムは8回に中田の2ラン、陽岱鋼のソロで3点を追加。大谷は8回にも160キロをマークするなど圧巻のピッチングを続けた。

 9回もマウンドに上がった大谷は、先頭の坂本に左中間への二塁打を浴びる。しかし、続く長野は158キロの直球で空振り三振。阿部にはストレートの四球を与えたものの、クルーズは161キロの直球で一ゴロ。中田が二塁に送球してアウトも、大谷は一塁ベースカバーに入れず、中島が無人の一塁へ投げて二塁走者が生還した。

 しかし、最後は村田を156キロの直球で中飛に打ち取り試合終了。大谷は9回123球を投げきり、6安打2失点10奪三振2四球の快投で4勝目を挙げた。

 試合後のヒーローインタビューで、大谷は日本最速の163キロを記録したボールについて「ファウルにされたので、そんなに手応えはなかったです。空振りを取れればもっとよかったです」と振り返った。また、今後のさらなる記録更新に向けては「序盤より後半のほうがいい感じで(腕を)振れていたので、もっと上げられるように頑張りたいと思います」と話した。常識を覆し続ける二刀流右腕の進化が止まらない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月5日(日)16時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。