ここから本文です

“黄金の隼“も古巣所属のイングランド代表FWに期待 「彼がイブラヒモビッチやC・ロナウドのレベルになるかは……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月5日(日)20時30分配信

EUROとチャンピオンズリーグでの活躍に期待

かつてトッテナムで得点を量産した現アメリカ代表指揮官のユルゲン・クリンスマンは、自身と同じようにトッテナムで得点を量産しているイングランド代表FWハリー・ケインに魅了されている。

英『Daily Mirror』によると、クリンスマンはケインがここ数年で大きく成長したと感じており、その成長ぶりを嬉しく思っているようだ。また、来季のチャンピオンズリーグと今夏のEURO2016がケインにとって重要なチャレンジになると語り、大舞台でも輝いてくれることに期待している。

「私はケインが大好きだよ。彼の得点数は賞賛に値するものだね。だが、次は新たなテストが待っている。チャンピオンズリーグは彼を成長させるうえで非常に重要だ。同じくEURO2016も巨大なチャレンジだ。彼が何をできるのか証明するチャンスだよ。もちろん、EUROには他にも優れたストライカーがいる。イブラヒモビッチとか、ロナウドとかね。ケインがロナウドらと同じレベルになるか?そうだね、時間が経てば分かるだろう」

ケインはイングランド国内ではトップレベルのストライカーに成長したが、次はワールドクラスのストライカーに成長するというミッションが待っている。今回のEUROと来季のチャンピオンズリーグはその大きなチャンスで、イブラヒモビッチら偉大なストライカーに近づくためにも結果を残したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月5日(日)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]