ここから本文です

阪神、延長12回に力尽き4位転落 延長戦7試合勝ちなし、貯金1では8連敗

Full-Count 6月5日(日)20時23分配信

高山が8回にバント失敗、3回には守備での後逸が失点に結びつく

 終盤の好機を生かせず痛い1敗となった。

 阪神は5日の西武戦(甲子園)で延長12回、2-3で敗れ4位に転落した。2-2の同点で迎えた12回。島本が2死一、二塁から西武・栗山に勝ち越しとなる右前タイムリーを浴び力尽きた。12回のイニング途中から7番手で登板した左腕は「準備はしていましたが、最後は(打たれた球は)ボールでもよかった」と悔しさをにじませた。

 打線は8回に無死一、二塁のチャンスを作ったが、高山がバントを失敗し無得点に終わった。3回には秋山の左前打を後逸。一気に三塁まで進まれ失点に結び付く痛い失策となった。金本監督も「その2つは目立った。責任を重く感じて練習に取り組むかどうかで変わる」と苦言を呈した。本人も「一番最悪のプレーです」と言葉少なに球場を後にした。

 日曜日は4連敗となり、延長戦はこれで7戦勝ち無し(4敗3分け)。さらに貯金1で迎えたゲームは8連敗と壁を乗り越えられない。7日からはエース・石川の先発が予想されるロッテ(QVC)、163キロを叩き出した大谷との対戦が有力な日本ハム(札幌ドーム)と試練のビジター6連戦が待っている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月5日(日)20時23分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。