ここから本文です

EURO2016でレスター・シティの再現を アイスランドMF「良い形でスタートを切れれば何でも可能」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月5日(日)20時50分配信

史上初の本大会出場

史上初となるEURO出場を決めたアイスランド代表は、今大会のダークホース候補とも言える面白いチームだ。アイスランドはポルトガル、オーストリア、ハンガリーと同じグループFに入っているが、このグループには絶対的な優勝候補と呼べるチームが存在しない。上手くいけばアイスランドが決勝トーナメントに進出する可能性もあるだろう。

英『Daily Mail』は誰も優勝を期待していないアイスランドを奇跡のプレミアリーグ制覇を成し遂げたレスター・シティと重ね合わせており、アイスランドがEURO2016バージョンのレスターとなる可能性があると期待している。

何より、トルコ、チェコ、オランダと難敵が揃っていた予選を突破しただけでも十分にミラクルだ。あのオランダを予選敗退に追い込んだことはアイスランドの選手にも自信を与えているようで、チームの中心であるMFギルフィ・シグルズソンも手応えを口にしている。

「僕たちは非常に現実的だよ。なぜなら、非常にタフなグループに入っているからね。だけど、良い形でスタートを切ることさえできれば、その後は何でも可能になると思う。アウェイでオランダに1-0で勝ったとき、僕たちは本大会に近づいていると気付いたのさ。あの試合はフランスに行けると感じたターニングポイントになったよ」

予選突破だけでもアイスランド代表サポーターは最高の気分を味わったはずだが、まだ続きを見ることは可能だ。予選でオランダ、チェコ、トルコを倒した彼らの力があれば、ポルトガルやオーストリアを潰すことも不可能なミッションではないはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月5日(日)20時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。