ここから本文です

スペイン代表のメンバーは期待外れ? 伊紙が選んだEUROで見ることができないスター選手10名

theWORLD(ザ・ワールド) 6月5日(日)21時40分配信

スペインからは4人も選出

10日から開幕するEURO2016はワールドカップ以上に競争力の高い大会と言われており、世界を代表するスター選手がズラリと顔を揃える。しかし、負傷離脱や監督判断などで代表に入れなかったスター選手も複数存在する。伊『Gazzetta dello Sport』はそんなEURO2016で見たかったベストプレイヤー10人紹介し、今大会で見られないことを嘆いている。

1.ファン・マタ(スペイン)

2.イスコ(スペイン)

3.サウール・ニゲス(スペイン)

4.ジエゴ・コスタ(スペイン)

5.マルコ・ロイス(ドイツ)

6.ジョルジーニョ(イタリア)

7.ジョフリー・コンドグビア(フランス)

8.ダニー・ドリンクウォーター(イングランド)

9.クリスティアン・エリクセン(デンマーク)

10.カリム・ベンゼマ(フランス)


こうして見ると、スペイン人選手が4名もリストに入っている。今回スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が選んだメンバーには賛否両論様々な意見が上がっており、アトレティコ・マドリードで好調を維持していたサウール、マンチェスター・ユナイテッドで司令塔として活躍したマタを見てみたいと思うサポーターも多かっただろう。

イタリア代表ではマルコ・ヴェッラッティではなくジョルジーニョが選ばれたのも特徴的だが、今季好調を維持していたナポリを中盤から支えたジョルジーニョもEUROで見てみたかった選手だ。特にヴェッラッティとクラウディオ・マルキージオの2人が離脱していることもあり、尚更ジョルジーニョは見たい逸材だった。

さらにはインテルで苦労したコンドグビア、2014ワールドカップに続いて大会前に不運に襲われたロイス、レスター・シティの優勝に貢献しながら選ばれなかったドリンクウォーター、出場機会を持っていないもののトッテナムを牽引したデンマークのエリクセン、そしてフランスのベストプレイヤーであるベンゼマと、豪華すぎる10人を今大会では見ることができない。

今各国代表に選ばれているメンバーだけでも十分に凄いが、彼らが揃っていればさらに面白い大会になったのは言うまでもない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月5日(日)21時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。