ここから本文です

『とと姉ちゃん』名実ともに“とと姉”となった常子 父・竹蔵の家訓を再開するが…

クランクイン! 6月5日(日)11時0分配信

 現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。次週の放送ではタイピストとして確かな収入を得られるようになった常子(高畑充希)が、かつて父・竹蔵(西島秀俊)が作った家訓、「月に一度お出かけをする」を再開する事を家族に提案するのだった…。

【関連】『とと姉ちゃん』第10週<フォトギャラリー>


 しかし二人の妹達はお年頃。お出かけの場所や日程を家族で決めようと常子が提案しても、鞠子(相楽樹)は大学で詩の朗読会が、美子(杉咲花)は友達との勉強会がと、イマイチ乗り気でない。

 そんな折、美子は滝子(大地真央)から奉公人たちのお仕着せの仕立てを手伝って欲しいと頼りにされていたが「裁縫ばかりしていないで勉強しろ」と口やかましく言う常子に叱られたくないと、思わず嘘をついてしまう。しかし、その日は常子が決めたお出かけと重っていた。そして、お出かけの当日を迎え…。

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

最終更新:6月5日(日)11時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。