ここから本文です

ハンガリーで美しい歌声披露へ 砺波・出町中合唱部壮行演奏会

北日本新聞 6月5日(日)19時34分配信

■来月、国際合唱コンクールに出演

 7月にハンガリー・デブレツェン市で開かれる「第27回ベーラ・バルトーク国際合唱コンクール」に出場する砺波市出町中学校合唱部の壮行演奏会が5日、同市表町の同校で開かれた。生徒たちは保護者や地域住民ら約500人を前に、本番で披露する7曲などを披露し、意気込みを新たにした。

 西島健史校長が「一回りも二回りも成長して帰ってくるだろう」とあいさつ。生徒18人はマジャール語の「エジュテム ベジュテム」、英語の「キャットアンドドッグ」などを歌い、美しいハーモニーを響かせた。本番で着る浴衣姿で「さくら さくら」「こきりこ」なども披露した。

 末永琴美部長が「現地の人を感動させることができるよう歌いたい」と決意を述べた。同校吹奏楽部の賛助出演もあった。

 演奏会後に結団式があり、吉田泉県芸術文化協会長が「最後まで練習を重ねてほしい」とあいさつ。車谷市朗県生活環境文化部次長と勢藤北日本新聞社事業局長が激励した。

 大会はヨーロッパ5大合唱コンクールの一つで、7月7~10日に開催される。同部は同4日に出発し、14日に帰国する。県芸術文化協会、県、富山テレビ放送、北日本新聞社派遣主催。

北日本新聞社

最終更新:6月5日(日)19時34分

北日本新聞