ここから本文です

ガービッジ、本当の自分をさらけ出した最新作について語る

RO69(アールオーロック) 6月5日(日)22時33分配信

昨年デビュー20周年を迎え、6月10日(金)には通算6作目となる『ストレンジ・リトル・バーズ』をリリースするガービッジ。現在発売中の『ロッキング・オン』7月号には、本作について語ったインタヴューが掲載されている。

『ストレンジ・リトル・バーズ』は、前作『ノット・ユア・カインド・オブ・ピープル』以来4年ぶりの新作となるが、前作とは異なり、声の加工やエフェクトなどを使用しなかったという。その理由について、ヴォーカルのシャーリー・マンソンは次のように語っている。

「今のポップ・ミュージックって、歌を機械みたいに完璧に仕上げるのが主流じゃない?私が聴きたいのは、人間の心もとない揺らぎやすい部分だった。例えば、SNS上に公開されているのは、他人に見せて構わない自分とか、演出されている自分なわけよね。写りの良い光の加減や角度を研究して、自分が思う一番いい自分の写真を選んで、それを自身のイメージとして提供しているわけじゃない? うちのバンドが求めてるものはそうじゃなくて、人間が人間であることの、ありのままの真実なの」

また、歌詞についても自分自身をさらけ出すことを意識したといい、世間のイメージとは異なる自身の本当の姿について次のように語った。

「私の世間的なイメージは、アグレッシヴで、自信に満ちていて、歯に衣着せぬ物言いをするっていう印象なんだろうけど、それ以外の部分も当然あるわけで、そこをオープンにしなくちゃと思ったの。傷つきやすかったり、ダメでどうしようもない部分……普段の私なんてロクでもないのよ!(笑)。それに、ものすごいダークでグロい部分も抱えた……それこそ生まれたての子鹿みたいにワナワナ震えてる自分だって普通にいるし(笑)」

リリースの詳細は以下の通り。

●リリース情報
アーティスト名:Garbage(ガービッジ)
タイトル: Strange Little Birds(ストレンジ・リトル・バーズ)
レーベル:Stun Volume / Hostess
海外発売日:2016年6月10日(金)

【トラックリスト】
1. Sometimes
2. Empty
3. Blackout
4. If I Lost You
5. Night Drive Loneliness
6. Even Though Our Love Is Doomed
7. Magnetized
8. We Never Tell
9. So We Can Stay Alive
10. Teaching Little Fingers To Play
11. Amends

※iTunesアーティストページ:
https://itunes.apple.com/jp/artist/garbage/id109997?app=itunes& 

『ロッキング・オン』7月号の詳細はこちらから。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/143692

RO69(アールオーロック)

最終更新:6月5日(日)22時33分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。