ここから本文です

コスタリカとパラグアイの対戦はスコアレスドロー…ともに決定力欠く

SOCCER KING 6月5日(日)8時11分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第1戦が4日に行われ、コスタリカ代表とパラグアイ代表が対戦した。

 3日に開幕を迎えた今大会。グループAはアメリカ、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの4カ国が決勝トーナメント進出を争う。5度目のコパ・アメリカ出場を果たしたコスタリカは、5-3-2のフォーメーションを採用。MFブライアン・ルイスやMFジョエル・キャンベルらが先発メンバーに名を連ねた。一方、パラグアイは4-4-2のシステムで試合に臨み、FWホルヘ・ベニテスとFWダリオ・レスカノが2トップを組んだ。

 先にチャンスを作ったのはコスタリカ。17分、左サイドでFKを獲得すると、リスタートからキャンベルが左足クロスを供給する。ゴール前のB・ルイスがヘディングシュートを放ったが、ここはGKフスト・ビジャールの正面だった。

 一方のパラグアイも決定機を作る。27分、右サイドのデルリス・ゴンサレスが前線へスルーパスを送る。レスカノが抜けだしてGKと一対一の場面となったが、ここはオフサイドの判定でプレーが止められてしまった。このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

 試合は後半に入ってもこう着状態が続く。コスタリカは79分、右サイドのクリスティアン・ガンボアのクロスから、前線に上がっていたケンダル・ワストンがヘディングシュートを放ったが、ここはやや勢いを欠いてゴールにはつながらなかった。

 続く88分、クリスティアン・ボラーニョスが強烈なミドルシュート放ったが、ここはGKビジャールがなんとか反応し、パラグアイはCKに逃れた。

 コスタリカは試合終盤にアクシデントを迎える。後半アディショナルタイム3分にカウンターを止めにいったワストンが危険なプレーで相手を止め、レッドカードを提示された。コスタリカは10人での戦いを強いられることとなった。

 しかし、直後のパラグアイのセットプレーも得点にはつながらず。コスタリカ対パラグアイの試合は0-0のスコアレスドローに終わった。

 7日、コスタリカはアメリカと、パラグアイはコロンビアと対戦する。

【スコア】
コスタリカ 0-0 パラグアイ

https://www.youtube.com/watch?v=Vih7ae9A398

SOCCER KING

最終更新:6月5日(日)20時51分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]