ここから本文です

悲惨な事件から22年…悲劇の英雄を称えてアメリカ対コロンビアでセレモニー

SOCCER KING 6月5日(日)15時30分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016は3日、アメリカ代表対コロンビア代表というカードで幕を開けたが、実はこの試合に際し、あるセレモニーが開催されていた。コロンビア紙『エル・ティエンポ』電子版が伝えている。

 アメリカ対コロンビアという対戦で思いつく方もいるだろうが、両者は今から22年前の1994年、アメリカ・ワールドカップでも顔を合わせ、コロンビアのDFアンドレス・エスコバルがオウンゴールを献上してしまった。

 この失点が痛手となり、コロンビアは2-1で敗れてグループステージ敗退の失態を演じると、母国に戻ったエスコバルはファンの凶弾に倒れ、27歳の生涯を閉じることとなってしまった。

 22年後、奇しくも同じカードで幕を開けたコパ・アメリカ。会場となったリーバイス・スタジアムにはエスコバルの親戚一同が招待され、コロンビア代表選手のサインが記された背番号「2」のユニフォームが贈呈された。

 セレモニーに出席したエスコバルの兄弟の一人、サンティアゴ氏は「これだけの年月が経ったのに、多くの人がアンドレスのことを覚えていてくれた。なんと素晴らしいことだ」と語り、感謝の意を示した。

SOCCER KING

最終更新:6月5日(日)19時4分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合