ここから本文です

「すべて事実」…ラニエリがエースのアーセナル移籍報道を認める

ゲキサカ 6月5日(日)10時20分配信

 日本代表FW岡崎慎司の相棒がアーセナルに移籍する可能性が高まってきた。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、イングランド代表FWジェイミー・バーディの移籍報道を「事実」と認めたようだ。

 イギリス複数メディアが3日、アーセナルがバーディ獲得に動いていると伝えた。レスター優勝の立役者の一人であるバーディは、今年2月に3年半の契約を結んだばかりだが、約2000万ポンド(約31億)の契約解除金が設定されていると言われている。ストライカー獲得を目指すアーセナルがこれを支払い、引き抜きを画策しているようだ。

 この報道にラニエリ監督は「すべて事実」と話したとのこと。EURO2016に参加するイングランド代表は6日にフランスへ出発するため、それまでにバーディのアーセナル移籍が成立するとしている。

 数週間前に「ここでハッピーだよ。なぜ去りたいんだい?」と語っていたバーディ。今季11試合連続ゴールのプレミアリーグ新記録を樹立するなど、24得点を挙げてブレイクした遅咲きストライカーが、レスターの奇跡の優勝を置き土産にビッグクラブへの移籍となるのだろうか。

最終更新:6月5日(日)10時20分

ゲキサカ