ここから本文です

[MOM1792]尚志FW渡部公平(3年)_レワンドフスキを目指すエースが「スーパーなターン」から値千金の先制点

ゲキサカ 6月5日(日)10時35分配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[6.3 総体福島県予選準決勝 尚志高 4-0 学法石川高 鳥見山多目的広場]

 前線で体を張りつつ、時に柔軟なテクニックも見せる。高校総体福島県予選準決勝・学法石川高戦での決勝点は、そんな尚志高FW渡部公平の真骨頂だった。

 ほとんどチャンスらしいチャンスを作れずに迎えていた前半29分だった。浮き球のボールを足下に受けながらのクイックターン。「相手をかわすワンタッチ目から完璧だった」と本人が胸を張り、仲村浩二監督も「あのターンは本当にスーパーだった」と手放しで称えるプレーから先制点を奪い取り、そしてこれは試合の決勝点ともなった。

「あの1点は本当に大きかった。助かった」とDF常盤悠が振り返ったように、試合の流れを作る一発。「ターンからのシュートはずっと練習してきた」と言う満足感はあったはずだが、本人は「後半にもっと取れた」とあえて自分に苦言を呈する。「9番を背負っているのにリーグ戦でも思ったように取れていない(7試合4得点)。もっともっとやらないといけない」と課題を口にした。

 ライバルとして競い合うFW小林真冬が交代出場でゴールを決めたことも刺激にしている。「タイプ的に同じだし、(ボールを)収める力があるし、動き出しも上手い。自分も負けてられないと思って練習してきた」と言う。あこがれのストライカー像はポーランド代表FWロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)。「どんな形からでも点が取れるし、ターンからのシュートもすごく上手い」とイメージを重ねながら練習を積み重ねている。

 東京都のクラブチーム「TAMA CITY UNITED FC」の出身だが、元々父方の祖父が福島県に在住しており、いわばルーツに戻る形での尚志進学だった。最終学年を迎えた今年は、エースストライカーを意味する「9番」にふさわしい得点を積み上げて、「全国制覇」の夢をかなえることを目指す。

(取材・文 川端暁彦)

最終更新:6月5日(日)10時35分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]