ここから本文です

[コパ・アメリカ]ゲレーロの決勝ヘッドでペルーが白星発進! 初参戦ハイチは好機生かせず

ゲキサカ 6月5日(日)11時11分配信

[6.4 コパ・アメリカB組第1節 ハイチ0-1ペルー]

 コパ・アメリカは4日、グループリーグ第1節を行った。2大会連続3位で1975年以来の優勝を狙うペルー代表は、初出場のハイチ代表と対戦し、1-0で勝利した。

 最新FIFAランキング48位ペルーが主導権を握るも、同74位ハイチは前半31分、ペナルティーアーク左でFKを得ると、DFメシャク・ジェロームが直接狙ったが、わずかに枠上に外れる。同40分にはMFマックス・イレールを下げて、MFジャン・マルク・アレクサンドルに代える非情な決断をパトリス・ヌブー監督が下した。

 終盤に向けてペルーが立て続けにチャンスを得る。前半39分、FWクリスティアン・クエバのクロスをフリーでゴール前に走り込んだFWパオロ・ゲレーロが右足で合わせるも枠を捉えられず。同45分にはゲレーロが落としたボールをFWエディソン フローレスがPA中央やや右から右足シュート。決定的な場面だったが、右ポストに嫌われ、先制点とはならなかった。

 後半もペルーの流れで進む。後半14分、右CKから中央のMFルイス・ダ・シルバがヘッドで流したボールをPA左で待っていたDFレンソ・レボレドが右足で押し込もうとしたが、GKジョニー・プラシドに防がれた。それでも直後の同16分、フローレスが左サイドから上げたクロスを中央で相手のマークをはがしたゲレーロがヘッドで合わせ、ペルーがスコアを動かした。

 ハイチにも後半アディショナルタイム4分にチャンスが訪れる。FKから絶妙なタイミングで抜け出した途中出場のFWケルバン・ベルフォールがダイビングヘッドもわずかにゴール右に外れ、千載一遇のチャンスを逃した。試合はそのまま1-0で終了。ペルーが白星スタートを切った。

最終更新:6月5日(日)11時11分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]