ここから本文です

あと一歩及ばず…柏は鳥栖とドローで5年連続の決勝T進出逃す

ゲキサカ 6月5日(日)16時33分配信

[6.5 ナビスコ杯GL第7節 鳥栖1-1柏 ベアスタ]

 ナビスコ杯は5日、グループリーグ第7節が行われた。勝てば決勝トーナメント進出の可能性があった柏レイソルだが、サガン鳥栖と1-1の引き分けに終わり、グループリーグ敗退が決まった。

 すでに敗退が決まっている鳥栖は前半16分、MF鎌田大地が敵陣深くでボールを奪って中央に送り、MF楠神順平が横にドリブルしながらシュートコースを作って右足を振り抜いたが、決めきることができない。それでもMF藤田優人が右から上げたクロスに競ったFW池田圭がDF鎌田次郎のファウルを受けたPKを獲得。これを池田自らがゴール右に決め、先制に成功した。

 直後にFWエデルソンを投入した柏は、後半開始からDF湯澤聖人も入れ、反撃を試みる。同5分、湯澤が右サイドからゴール前へクロスを供給すると、MF武富孝介がヘディングシュートもクロスバー直撃。同8分には中央でパスを受けたMF伊東純也が左サイドのFW大津祐樹へパスを送り、PA中央から狙い澄ましたシュートを放つも、枠を外れた。

 それでも柏が厚みのある攻撃で鳥栖にプレッシャーをかけると、迎えた後半34分に待望の同点ゴールが生まれる。PA右に侵入した伊東が右足でふわっとしたクロスを上げると、後方から走り込んだエデルソンがヘッドでゴール右隅に突き刺し、1-1と試合を振り出しに戻した。

 追いついた柏だが、他会場の福岡がリードしているため、突破には勝ち点3が必要な状況。後半44分、左サイドで仕掛けて、中央にカットインした伊東が右足シュートもGK赤星拓のファインセーブに阻まれる。同アディショナルタイム5分には左サイドからのクロスをつないでMF茨田陽生が右足シュート。こぼれ球を拾った鎌田次が右足でゴールネットを揺らしたが、鎌田次のハンドを取られ、ノーゴール。柏は1-1の引き分けに終わり、5年連続決勝トーナメント進出とはならなかった。

最終更新:6月5日(日)16時37分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]