ここから本文です

磐田、パパドプーロスがデビューも散々…名古屋が公式戦7戦ぶり勝利

ゲキサカ 6月5日(日)16時39分配信

[6.5 ナビスコ杯A組 磐田1-3名古屋 ヤマハ]

 名古屋グランパスは敵地でジュビロ磐田に3-1で勝利した。最終節にして今大会初勝利を挙げ、公式戦7戦ぶりの勝利を飾った。ただ、成績はA組最下位に終わっている。

 両チーム敗退がすでに決まっている状況で、注目は磐田の新戦力、元ギリシャ代表DFパパドプーロスのデビューに集まった。しかし前半からリズムを掴んだのは名古屋。前半27分にMF小屋松知哉のミドルシュートで先制すると、直後のMF古林将太のヘディングシュートはポストに嫌われたが、同37分にセットプレーからDF竹内彬のバックヘッドで加点。同39分には古林のクロスをFW川又堅碁が合わせて押し込み、試合の流れを完全に掴んだ。

 チグハグさを拭えなかった磐田は前半でパパドプーロスを交代。期待の助っ人はホロ苦デビューとなった。システム変更も行い、何とか反撃の機会を伺う。すると後半19分、後半から入ったMF松浦拓弥がDF矢野貴章を股抜して左サイドを突破。クロスを送ると、DF安田理大に競り勝ったFWジェイが頭で合わせて1点を返す。しかしビハインドは大きく、反撃はここまで。後半アディショナルタイムに放ったMF川辺駿のシュートも左ポストに嫌われた。

最終更新:6月5日(日)16時39分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]