ここから本文です

ゼニト退任のビラス・ボアスが仰天プラン「日本やブラジルで指揮を執ってみたい」

ゲキサカ 6月5日(日)19時18分配信

 今季限りでゼニトを退任したアンドレ・ビラス・ボアス(38)が、『FIFA.com』のインタビューに応え、今後の監督キャリアについて語った。

 21歳で監督業を開始させたビラス・ボアスは、2001年1月にポルトの監督に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のコーチングスタッフに加わり、その後、チェルシーやインテルでもアシスタントコーチを務めた。

 モウリーニョ監督のもとで多くを学んだビラス・ボアスは、09年10月からは監督業を再開し、アカデミカ・コインブラの指揮官に就任。10年6月からポルト、11年6月からチェルシー、12年7月からトッテナム、14年3月からゼニトを指揮していた。ポルト時代には10-11シーズンにヨーロッパリーグを制するなど、その手腕を発揮していた。

 フリーとなり、新天地がまだ決まっていない38歳の若手指揮官は、『FIFA.com』のインタビューで「今は自分のキャリアにとって何が最良な選択か考える必要がある。1年間は待つつもりだ」と語った。また、今後のキャリアについては「新たな文化を経験してみたいと思っている。日本やブラジルで指揮を執ってみたい」と仰天プランを明かした。

最終更新:6月5日(日)19時27分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]