ここから本文です

妻の「エロ活」では夫の不倫を防げない 「不倫ワクチン」提唱者・坂爪氏に聞く

弁護士ドットコム 6月5日(日)8時44分配信

不倫する人は、どんな思いで一線を踏み越えてしまうのでしょうか? 自分自身や配偶者の不倫を防ぐために、何かできないのか? そんな悩みに対して、「不倫はインフルエンザのような『感染症』であり、社会生活を営み、他者と接触する以上避けられないもの」と語るのが、性の問題に取り組んできた坂爪真吾さん(一般社団法人「ホワイトハンズ」代表理事)です。

昨年8月に出版した「はじめての不倫学」(光文社新書)では、社会学の観点から不倫の予防と回避策を検討しています。坂爪さんによると、不倫を経験した人の多くが、「まさか自分が不倫をする(される)とは思っていなかった」と、口にするそうです。つまり、浮気願望が強くない人でも、ある日突然、インフルエンザに感染するように不倫に陥ってしまう可能性があるということです。

誰にでも不倫に感染する可能性があるならば、自分や配偶者の発症リスクを減らすためにどうすればいいのでしょうか? 坂爪さんに聞きました。

 ●妻の「エロ活」では夫の不倫を防げない

「そもそも生物学的に見ると、人間は本来、一夫一婦ではありません。ただ、もしも一夫多妻制になると、人気がある一部の男性に女性が殺到して、大多数の男性が余るという事態が生じてしまいます。自然には反しているけれど、社会の秩序を崩さないために、しかたなく一夫一婦制度を敷いているという矛盾がそもそも社会にあるんです」

坂爪さんによれば「生物の世界では不倫は日常茶飯事」のこと。ほ乳類で一夫一婦制を取っている種は全体のわずか3%しかいないそうです。

女性の中には、「自分が女として魅力的であれば夫は不倫なんてしないはず」と思う人もいるかもしれません。妻が女性としての魅力を磨くことで、夫の不倫を防げるのでしょうか。

「男性がなぜ不倫をするのかには、色々な理由があります。妻に女性らしさを感じられなくなったから不倫する人もいると思いますが、妻の女性としての魅力や性的魅力に関わらず不倫する人もいるでしょう。したがって、妻が外見を美しく磨いたり、『エロ活』をしてセックスのテクニックを身につけたとしても、絶対に夫の不倫を防げるとは言えないと思います。

あくまで妻は妻、もしくは母親であって、女ではないという視点を持っている男性もいるからです。例えば、自分の母親がいきなり綺麗にメイクしたり若作りすると、息子としては『えっ?どうしたの?』と引いてしまうわけです。人によって差はあると思いますが、特に性的な魅力は妻に求めないという男性は少なくないと思います」

 ●「不倫を黙殺せず、オープンに話し合う」

坂爪さんは、不倫への感染を防ぎ、発症しても重症化を食い止めるためには、「不倫ワクチン」が必要だと言います。そして、その1つが、不倫について普段からオープンに語ることだと指摘します。

「配偶者や友人、職場の同僚と、『不倫したいと思ったことある?』『もしもパートナーに不倫されたらどうする?』などとオープンに話すことは、不倫ワクチンになりうると思います。

メディアの不倫バッシングなどの影響もあり、今の社会では、不倫はタブー視されています。しかし、黙殺して誰も話題にしない一方で、水面下では密かに不倫が進行しているという状態はとても危険です。万が一、自分や配偶者が感染した時に誰にも相談できず、どうしていいか分からなくて、どんどん不倫から抜け出せなくなります。

『まさか自分(や配偶者)が不倫するわけがない』と可能性を否定せず、誰にでも起こりうると捉えた上で、自分自身や、配偶者が不倫したらどうすればいいかを想定しておくことが1つの予防になります」

 ●「ポジティブ婚外セックス」を条件付きで受容せよ

そして坂爪さんは、「実は、『はじめての不倫学』自体が、ワクチンになっているんです」と語ります。

「不倫が起こる可能性から耳を塞いだり、不倫のドラマや小説を他人事として消費するだけでは、不倫のリスクに備えることができません。不倫に関する本を読んで、自分の頭で不倫について考える。これだけでも、不倫の感染や重症化を防ぐ一定の効果はあると思います。

『はじめての不倫学』では、スワッピング(別の夫婦とお互いにパートナーを交換してセックスをすること)や、ポリアモリー(複数恋愛)、交際クラブを通した愛人契約などを『ポジティブ婚外セックス』として、円満な夫婦生活を維持するために、回数や期間などの条件付きで社会的に受容するべきだと提唱しています。

読者からはこの点について、『結婚はもっとガチガチしたものだと思っていたが、いざという時は抜け穴があると知って救われた』などの感想もありました。

ただし、『ポジティブ婚外セックス』を行うためには、夫婦関係や家族関係が安定しているという前提が不可欠です。夫婦関係が安定していない状態で不倫にハマると、家庭崩壊や自分自身を精神的・社会的に再起不能にしてしまう危険があります。その意味で、『結婚生活を極めること』は、最も有効な不倫ワクチンだと考えています」

坂爪さんが言う「結婚生活を極めること」とは、「夫婦がお互いに、合わない部分や秘密があることをふまえた上で、価値観をすり合わせて円満に共同生活を送ること」だといいます。

「それができれば、夫婦関係が安定して、そもそも不倫の感染率が減るでしょう。また、万が一不倫に陥って夫婦関係が一時的に破綻したとしても、その後再構築できる可能性が高いです」

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:6月5日(日)8時44分

弁護士ドットコム