ここから本文です

ルージュバックの巻き返しなるか/エプソムCの見どころ

netkeiba.com 6月6日(月)10時0分配信

 注目はルージュバック。前走のヴィクトリアマイルでは5着に敗れたが、ここで昨年のきさらぎ賞以来の勝利を挙げることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/12(日) エプソムC(3歳上・GIII・東京芝1800m)

 ルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎)は前走のヴィクトリアマイルで5着。久々のマイル戦だった分か、直線でなかなか反応しなかったが、最後には伸びてきていた。昨年のきさらぎ賞を制して以降、勝ち星から遠ざかっているが、素質はここで一枚上のものがある馬。距離延長、別定戦で斤量も54キロのここで巻き返しを期待したい。

 フルーキー(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)は今年3戦して未勝利だが、3・4・2着といずれも崩れてはいない。昨年の本レースでは4着に敗れているが、相手はエイシンヒカリやサトノアラジンといった強豪だっただけに、今年はそれ以上の結果が期待できそう。

 ロジチャリス(牡4、美浦・国枝栄厩舎)は春興S(1600万)、メイS(OP)と連勝中。長期休養もあってクラシックには縁がなかったが、ここへ来て本格化してきた。一気の3連勝で重賞初制覇なるか。

 その他、一叩きで良くなりそうなラングレー(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)、左回り適性の試金石となるアルバートドック(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)、前走大敗も力はあるヒストリカル(牡7、栗東・音無秀孝厩舎)、中一週だが目黒記念4着のレコンダイト(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:6月6日(月)10時39分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ