ここから本文です

資生堂、20代をターゲットに企業文化誌「花椿」を全面リニューアル

MarkeZine 6月6日(月)8時0分配信

資生堂、20代をターゲットに企業文化誌「花椿」を全面リニューアル

新「花椿」のコンテンツ

 資生堂は、企業文化誌「花椿」のWEB版を全面的にリニューアルし、6月1日にオープンした。内容も形態も一新した「花椿」は、「時を経ても色あせない本質的なモノやコトを見つけ出す」をコンセプトに、アート、ファッション、ビューティーを中心とした6つのコンテンツをスタート。今後、順次コンテンツを加えていく。

新「花椿」のコンテンツ なお、WEBと連動し、2016年秋に「季節の贈り物」として季刊誌を刊行予定。季刊誌では、より本質的なテーマを掘り下げるとともに、WEBで掲載されたコンテンツとも連動するクロスメディア化を図る。また、SNSとも連動し、読者との双方向コミュニケーションも予定。

 資生堂は、2020年までの中長期戦略「VISION 2020」で若い世代へのアプローチを重視している。今回のリニューアルも一環。「花椿」は、1937年創刊。その前身「資生堂月報」を含むと、90年以上にわたって刊行を続けてきた。昨今のデジタル化に伴い、2011年にはWEB版の配信をスタートさせ、新たな読者の獲得を目指してきたが、今回のリニューアルでメインターゲットである20代読者と親和性の高いWEB版に軸足を移すことによって、新たな読者層との出会いを広げていく。

最終更新:6月6日(月)8時0分

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]