ここから本文です

「落ちたわけじゃないし、楽しかった」野村敏京、1打差惜敗に納得

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月6日(月)6時11分配信

あと1打。今季3勝目には届かなかった野村敏京だったが、「ショップライトLPGAクラシックby Acer」最終日に6バーディ、1ボギーの「66」(パー71)とスコアを伸ばした。通算16アンダーとして、優勝したアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)に次ぐ2位。今季4度目のトップ5フィニッシュで、賞金ランキングでは、首位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)に4万8305ドル(約510万円)差に迫った。

次はメジャー!米国女子ツアーフォトギャラリー

2日目を終えて首位に立ったカリン・イシェール(フランス)を1打差で追い、最終組でティオフした。11番までに4つ伸ばして通算15アンダーとしたが、1組前で回るノルドクビストが、それを上回る勢いでバーディを重ねた。

12番以降は、強く吹き始めた風にも手を焼いた。「(風が)回っていて、アゲンストかフォローか分からなかった」と、パーでしのいだ。最終18番(パー5)、野村とノルドクビストの差は2打。「アンナがバーディを獲っても、パーでもボギーでも、私はイーグルを獲る気持ちだった」と決めていた。

ティショットをフェアウェイに置くと、ピンまでは残り250yd。前組のノルドクビストがパットを沈め、大歓声が沸き起こるのが目に入った。「バーディかなと思った」と野村。実際は3打目でグリーンを外し、アプローチをショートした後の4mのパーパットだったが、それに野村が気付くのは2打目を打ち終えて、グリーン近くまで来たときだった。

野村の第2打は「3Wで低く転がしてグリーン手前まで行こう」としたが、高く出てアゲンストの風に戻され、ピンまで35ydが残った。入れればプレーオフというアプローチは、カップ左2m半につき万事休す。最後のバーディパットを沈めたのは、意地だった。

「楽しかった。これも経験。今日は5アンダーで回れたけど、アンナ選手が7アンダーで回ってきたのでそれは仕方ない。1位から落ちて2位になったわけじゃないし、私も良いスコアで回ったので、良かったと思う」

次週はメジャーの「KPMG女子PGA選手権」。自身初のメジャータイトル奪取も視野に入れる野村は「タイトなコースは好きだし、楽しみですね」とにっこりと微笑んだ。(ニュージャージー州ギャロウェー/今岡涼太)

最終更新:6月6日(月)6時11分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]