ここから本文です

NGT48北原里英、セクシー路線の映画出演に前向き「オファーお待ちしております」

リアルライブ 6月6日(月)10時56分配信

 NGT48の北原里英が4日、都内で行われた映画『任侠野郎』の初日舞台あいさつに出席。本作で佐藤二朗演じるヤクザの愛人役を体を張って熱演するが、「今後またセクシー路線の役が来たら受けるか?」と問われると、「今回の作品くらいコミカルなものであれば楽しくやれるんじゃないかな」と前向き発言。「オファーお待ちしております」と話して会場をわかせた。

 蛭子能収が長編映画初主演にしてヤクザの元若頭を演じた本作で、パンチラシーンを連発しながら、セクシーな愛人役を演じた北原。佐藤との演技の掛け合いが「半分くらいアドリブ」であったと明かすと、愛人役についても「愛人といえば世間的には橋本マナミさんのイメージ。でも、この作品では“愛人といえばわたし”と思ってもらえるようになればいいなと思いながら演じました」としみじみ。

 会見には主演の蛭子をはじめ、中尾明慶、トリンドル玲奈、橋本マナミ、大悟(千鳥)、メガホンを取った徳永清孝監督も出席し、イベント後半には劇中、蛭子の若き日を演じた大悟と蛭子の“睨み合い対決”も行われたが、結果は大悟が蛭子を圧倒。睨みをきかせながらもどこか本気になれない蛭子のニヤケ顔を大悟が「近くで見ると、おじいちゃんというよりおばあちゃん」と評して共演者らの笑いを誘った。

 また、蛭子と現場で一緒になる機会が最も多かったという中尾は、蛭子が現場で全くセリフを覚えてこなかったことに言及。「こんなにセリフを覚えてこない役者さんは初めて」とバッサリ切り捨て、蛭子を大弱りさせる一幕も。蛭子は「全然覚えていないです。最近ちょっと物忘れがひどくて」と中尾を前に申し訳なさそうな表情を見せていた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:6月6日(月)10時56分

リアルライブ