ここから本文です

ポストポーンドがコロネーションC快勝 凱旋門賞1番人気に

netkeiba.com 6月6日(月)11時39分配信

4日にエプソムで行われた古馬によるコロネーションC、距離12F10y(=約2,423m)は、オッズ1.7倍の圧倒的1番人気に推されていたポストポーンド(父ドバウィ)が、後続に4.1/2馬身差をつける快勝。

 3つめのGIを手中にした同馬をブックメーカー各社は、この路線のシーズン総決算となるGI凱旋門賞(10月2日、シャンティー)へ向けた前売りで、オッズ5倍から7倍の1番人気に浮上させている。

 ポストポーンドは英国調教の5歳牡馬。3歳8月にセントレジャーの前哨戦として知られるGIIグレートヴォルティジュールS(芝12F)で重賞初制覇。

 4歳5月にGI初挑戦となったタタソールズGC(芝10F110y)で3着となった後、ロイヤルアスコットのGIIハードウィックS(芝12F)3着をはさんで、GIキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝12F)でGI初制覇を果たした。

 秋のGIIフォワ賞(芝2400m)快勝後、L.クマーニ厩舎からR.ヴァリアン厩舎に転厩し、そのままシーズンオフに突入。今年の春はドバイに遠征し、GIIシティオブゴールド(芝2410m)、GIシーマクラシック(芝2410m)を連勝していた。

 昨年夏から5連勝という充実ぶりもさることながら、この日のエプソムはGood to Softという馬場状態で、雨の多い秋のフランスにも対応可能と判断されたことが、凱旋門賞1番人気浮上の背景にありそうだ。

なお日本馬では、凱旋門賞未登録のエイシンヒカリがオッズ8~9倍の2~4番人気。ドゥラメンテがオッズ9~13倍で3~6番人気となっている。

(文:合田直弘)

最終更新:6月6日(月)11時39分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]