ここから本文です

WINNER、新作EP『EXIT MOVEMENT : E』の日本語ver.を配信リリース

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月6日(月)14時30分配信

WINNERの、2014年9月のデビュー1stアルバム『2014 S/S -Japan Collection-』以来、1年5ヵ月ぶりのカムバックとなる2016プロジェクト『EXIT MOVEMENT』が始動。プロジェクト第1弾となるEP『EXIT MOVEMENT : E』の日本語バージョンが、6月15日に日本デジタルリリースされる。このEPは約2年ぶりとなる新曲の日本語バージョンとなる。

『EXIT MOVEMENT : E』の韓国語バージョンは2月に配信されており、韓国の8つの音楽配信ランキングで1位を獲得。ほかにも11ヵ国(香港、インドネシア、マカオ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム、ブルネイ、グァテマラ)のiTunesアルバムチャートで1位を獲得するなどチャートを席巻している。今回満を持してデジタルリリースされる日本語バージョン『EXIT MOVEMENT : E -JAPAN EDITION-』は。6月18日からスタートする日本全国ツアー『2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN』に先がけてのリリースとなる。

同EPには全5曲を収録。「BABY BABY」はナム・テヒョンが作詞・作曲、ソン・ミンホ、イ・スンフンが作詞に参加した今回のEPのタイトル曲のひとつ。メンバーは「自分のそばに誰かがいてほしいと思う気持ちを表現した曲」「寂しさを癒やしてくれる曲」「寂しい僕自身を慰める曲」と曲について明かしており、寂しさを題材にした素直な気持ちが描かれたブルース調の曲だ。

もうひとつのタイトル曲である「SENTIMENTAL」は、「BABY BABY」と同様にナム・テヒョンが作曲と編曲、ナム・テヒョン、ソン・ミンホ、イ・スンフンが作詞に参加。誰もが感じるセンチメンタルな感性を盛り込み、切ない曲でありながらWINNER特有のポップな曲調が心地いい。

また、ナム・テヒョンのソロ曲で彼が作詞・作曲に参加した「I’M YOUNG」は叙情的なエレクトロニックピアノサウンドと甘いボイスが調和した、切ないバラード曲。そのほか、軽快なリズムのロックナンバー「IMMATURE」、『EXIT MOVEMENT』プロジェクトの幕開けを知らせる先行公開曲で、ソン・ミンホとナム・テヒョンが歌う「PRICKED」が収録。これら全5トラックすべての楽曲がメンバーの自作曲で構成されており、WINNERのデビュー以来の成長を感じることができる。

今月6月からは、いよいよ3回目となるジャパンツアー『2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN』がスタート。幕張メッセイベントホール、福岡サンパレス ホテル&ホール、名古屋国際会議場 センチュリーホール、神戸ワールド記念ホールの全4都市9公演、3万6千人動員のツアーとなり、前回のホールツアーとはまた違った大きなステージでのパフォーマンスが期待される。

リリース情報
2016.06.15 ON SALE
DIGITAL EP『EXIT MOVEMENT : E -JAPAN EDITION-』

ライブ情報
WINNER JAPAN TOUR 2016
06/18(土)千葉・幕張メッセイベントホール
06/19(日)千葉・幕張メッセイベントホール
06/25(土)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
06/26(日)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
07/02(土)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
07/03(日)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
07/16(土)兵庫・神戸ワールド記念ホール
07/17(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール
07/18(月)兵庫・神戸ワールド記念ホール

WINNER OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/yg-winjapan/

最終更新:6月6日(月)14時30分

M-ON!Press(エムオンプレス)