ここから本文です

TVアニメ『Rewrite』が7月2日より放送開始、先行上映会の開催も決定!

ファミ通.com 6月6日(月)11時50分配信

●第1話は1時間スペシャルで放送!
 テレビアニメ『Rewrite』が、2016年7月2日(土)よりTOKYO MX、MBS、BS11ほかにて放送開始となることが発表された。また、このテレビ放送に先駆け、2016年6月25日(土)には第1話先行上映会の開催が決定。キャストや制作スタッフ登壇の舞台挨拶も予定されており、舞台挨拶の様子はニコ生中継される。

 以下、リリースより。

----------

■2016年7月放送 TVアニメ「Rewrite」の第1話は1時間スペシャル!
 TOKYO MX / とちぎテレビ / 群馬テレビ / MBS / BS11にて7月2日(土)より放送開始!
※詳細な放送時間は追ってお知らせいたします。
※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

■第1話先行上映会開催決定!
 7月2日(土)放送開始となるTVアニメ「Rewrite」につきまして第1話先行上映会の開催が決定!ご観覧希望の方はアニメ公式ページの専用フォームからご応募ください。

<先行上映会概要>
日時:2016年6月25日(土) 14時~ / 場所:都内某所 / 内容:舞台挨拶&第1話上映会 / 登壇:天王寺瑚太朗役 森田成一・折戸伸治(音楽)・魁(構成・脚本協力) / 応募期間:6月4日(土) 18時00分~6月15日(水) 23時59分迄
※ご応募の際は、応募フォームに記載されている注意事項を良くお読みになってからご応募ください。

■本イベントの舞台挨拶パートのニコ生配信も決定!
<<こちらからタイムシフト予約も是非よろしくお願いします。>>

[STAFF]
原作:Key / ビジュアルアーツ 監督・シリーズ構成:天衝 構成・脚本協力:田中ロミオ・魁(ビジュアルアーツ) 脚本:あおしまたかし・?橋龍也 キャラクター原案:樋上いたる(Key/ビジュアルアーツ) キャラクターデザイン・総作画監督:野中正幸 美術設定:塩澤良憲 美術監督:井上一宏(草薙 KUSANAGI) 色彩設計:村上智美 撮影監督:小川克人(チップチューン) CGIディレクター:高橋将人(チップチューン) 編集:武宮むつみ 音楽:折戸伸治・井内舞子・細井聡司・水月陵・麻枝准 音楽制作:ビジュアルアーツ 音響制作:マジックカプセル アニメーション制作:エイトビット

[CAST]
天王寺瑚太朗:森田成一 / 神戸小鳥:斎藤千和 / 鳳ちはや:篠宮沙弥 / 千里朱音:喜多村英梨 / 中津静流:すずきけいこ / 此花ルチア:朝樹りさ / 篝:花澤香菜 ほか

[INTRODUCTION]
緑化都市、風祭。文明と緑の共存という理想を掲げたこの都市に住む天王寺瑚太朗は神戸小鳥、吉野晴彦らの友人たちと平凡な日々を送っていた。そんな平和な風祭市に、年一回の騒がしい時期が訪れようとしていた。都市を上げての収穫祭。巨大な文化祭のようなその催しに、瑚太朗は記事のネタ集めをすることに。風祭では未確認生物の情報や、オカルトチックな噂がまことしやかに囁かれていたからだ。同時期、瑚太朗の身に不可解な出来事が降りかかり始める。瑚太朗はオカルト研究会の部長、千里朱音に助けを請い、知り合いの生徒たちをも巻き込んでの調査を開始するのだった。それは瑚太朗にとって、ちょっとした冒険心のつもりだった。騒がしく仲間たちと過ごしていけるなら、それで良かった。瑚太朗はまだ気付かない。それが誰も知らない『真実』の探求へ繋がっていくことを。―――書き換えることが出来るだろうか。彼女の、その運命を。
---2011年に発売され、爆発的人気を誇るゲーム「Rewrite」。ついにTVアニメプロジェクト始動。アニメ化プロジェクトにあたり監督・シリーズ構成を、原作ゲーム「Rewrite」のOPアニメを手掛けた”田中基樹“こと天衝氏が担当。構成・脚本協力として、原作ゲーム「Rewrite」のシナリオライター・田中ロミオ氏に加え、人気ゲーム「CLANNAD」のシナリオを担当した魁氏(ビジュアルアーツ)の2人が参加。さらに、天衝監督とともに「グリザイアの果実」をはじめとしたグリザイアシリーズのアニメにて、メインアニメーターを務めた野中正幸氏がキャラクターデザインを、エイトビットが制作を務めます。

最終更新:6月6日(月)11時50分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。