ここから本文です

「ISPSハンダグローバルカップ」が海外招待選手を発表 シュワルツェルら9人 

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月6日(月)18時15分配信

今年で2回目を迎える国内男子「ISPSハンダグローバルカップ」(6月23日~26日、石川県・朱鷺の台カントリークラブ)は6日、2011年の「マスターズ」を制したシャール・シュワルツェル(南アフリカ)ら9人の海外招待選手が出場することを発表した。

【写真】チャンピオンブレザーならぬチャンピオン羽織を着た武藤俊憲

グローバル化の推進を標榜する今大会は、昨年も海外のビッグネームたちを招聘。シュワルツェルは2年連続での出場となるほか、欧州ツアー2勝を挙げているビクトル・デュビッソン(フランス)、今季から米ツアーを主戦場とするエミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)らが初来日で出場する。

舞台となる朱鷺の台カントリークラブ は、過去に国内男子ツアー「ミズノオープン」(1976-97年)が行われたコース。

この日、都内で行われた記者会見には、主催者のISPS 国際スポーツ振興協会・半田晴久会長ほか、松井功JGTO副会長、同社契約選手の谷原秀人、そして女子の酒井美紀らが出席。今年は、コースのある石川県羽咋市の地域おこしもテーマに掲げており、同市にある宇宙科学博物館のマスコット(?)「宇宙人サンダー」も参加した。

最終更新:6月6日(月)18時15分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]